只ノ日記

気まぐれ日記

Cyber-shot DSC-RX100

Cyber-shot DSC-RX100


昨年末に3万円代前半で購入。 ブログやTwitterなど、ネット系の写真は殆どがこれで撮ってます。

2012年の発売当初は、5万も6万もしたので正直な所「自分には関係ない機種」と思ってました。
しかし昨年、とある電気屋さんで目に付き 「あぁ~ まだ売ってるんだ~ 展示品だから安いのかな?」
とか思いながら、ネット検索をしてみると。。。
「正式な形で新品がまだ売っているじゃん!!」「しかも、安くなってる!」




私自身デジカメ世代になってからは、
2005年の発売直後に買った「富士のFinePixF10」という、
当時から「1/1.7型スーパーCCD ハニカムHR
という大きめのセンサーを積んだカメラを使っていました。

でもこの機種、「手ぶれ補正」無いし「マクロ」も強くないんですよね。

って事で、2009年に登場した「1cmマクロ」と「ダイナミック・レンジ合成(HDR)」で話題だった
RICOH CX-1」を発売直後に購入して、2014年まで来ました。

でもこの機種、典型的な「1/2.3型COMSセンサー」機なんですよね~
だから買い替えた時、発色の良い富士に対し、
緑寄りのRICOHって感じで戸惑ったものです。

初ショットが、桜か花巻空港のショットだったと思います。
撮ってカメラの液晶でみた時は、液晶の美しさに感動しましたけど
その写真をPCでみると、感動が無い写真なんですよね。。。

まぁ~ 我が家のカメラは「仕事用」、いざとなると「EOS Kiss X2」って
デジタル一眼入門機も有るし、しかし「美しさ」を求める仕事ではないので
現状はこれでOKって納得して過ごしていました。

しかし。。。私自身のカメラ更新サイクルの4~5年が過ぎていたのを忘れてました(笑)
(そう言う意味で「Kiss X2」の7年は長いけど、まだ現役続行予定です(*^_^*))

1型センサーの「DSC-RX100の実力が気になりだしました。
この時点で、値段の高い「M2・M3」は眼中にはありません。
コンパクトデジカメ(コンデジ)は、カバーも付けずに現場に持ち出して
ガツガツぶつけながら、徹底的に使う主義なので
高いコンデジを買う位なら、前から気になっている「ミラーレス」に行きます。

かと言って、安すぎて信頼の置けない機種も困りモノです。
「FinePixF10」の前が「FinePixA210」という乾電池式の物だったけど
イザって時に電池が無くなっていて、買い出しからのスタートでしたもん。
その点、同じ富士でもF10の電池の持ち具合は最高でした。
1週間ほどの海外旅行で滅茶苦茶撮ったけど。。。充電不要でしたもん。

って事で、その時目に止まった「DSC-RX100」。。。
気になって仕方がないので、つい買っちゃいました!!
(*^_^*)

開封し充電後に試し撮りで、CX-1とマクロ比べした時の感動は忘れられません。
確かに接写はCX-1の方が強いけど、出て来た写真の色具合が
CX-1は相変わらずの緑寄りに対し、RX100はKissX2と遜色ない
いや、キスデジ以上の上品な色使いと風合いに
いくら写真の良さが分からない私でもひと目で分かりました。

今現在、ネット系の専門カメラになってます。。。(笑)

だって~

CX-1もまだ壊れそうにないし~~ 
一応、キタムラの下取り候補は決定してるけどね!!(爆)

(*^_^*)

関連 RX100用 グリップアタッチメント