読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只ノ日記

気まぐれ日記

開封の儀 「EF16-35mm F4L IS USM」

購入しました!俗名、小三元の広角ズームレンズ!?中三元??

その辺はよくわからないけど、いわゆる「超広角ズームレンズ」って奴です。
 
実は今回の「フルサイズカメラ」導入のキッカケが、広角レンズの必要性だったんです。
仕事の関係上、付属レンズの画角じゃ写りきらない物が多く
フラストレーションが溜まりまくりでした。
 
あ! 仕事と言っても、写真家とか芸術家とかの「作品を撮る」類じゃ無いです。
記録を残すために写真を撮る! ネット掲載も有り! って感じです。
 
元々、APS-Cセンサーカメラの「EOS KissX2」は所有していたので、APS-C専用の

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

がコストパフォマンス的にはよかったけど、一度APS-C専用レンズに手を出すと
フルサイズに移行出来なくなる不安があったので、思い留まった次第です。
 
ちなみに、APS-C機が嫌とかはないです。
逆に、APS-C機には望遠を!フルサイズには広角を!って感じで使い分ける予定なので
Kissになるか70D系になるかわからないけど、今後も2台体制で行くつもりです。
レンズを増やす時は、値段が張るけど「フルサイズ用」を買えば良いだけですもんね。
 
って事で、セットレンズ以外で買った初めての「L」レンズが今回のレンズです。
 
Lレンズ
 
以外に箱が大きいような。。。??
 
このレンズを選んだ理由が、「IS(手ぶれ補正付)」ってのが大きいです。
撮影場所に3脚は殆持ち込めなく、手持ち撮影がほとんどなので
手ブレ補正レンズには期待したいです。
(信頼まではしていませんのでご心配なく!(^^))
 
まぁ~ 昔の1眼レフ。。。私の場合はキヤノンA-1だったけど、
手ぶれ補正なんて有りませんでしたしね~
 
10年ほど前に買った、コンパクトデジカメにも付いていなかったですし。。。
(「FinePixF10」←買った当時は手ぶれ補正が付くかどうか重要視していなかった。)
それを考えるといい時代になりましたね~~(*^_^*)
 
Lレンズ
 
箱の中身が、「本体・フード・取説・保証書・カバー」でした。。。
ネットの写真だけで注文したので、「多少大きいかな?」って感じで思っていたけど
来てみたら。。。結構デカイ!!
 
でも。。。F4通しとはいえ、「Lレンズ」の証の「赤いライン」は来るものがあります!!(笑)
 
Lレンズ
 
あれ?? 長さ的に、プロテクトフィルターを付けている付属の「Lレンズ」の方が短いよ!
でも、逆にこれくらいの存在感が有ったほうが安定するかもね~
 
装着感とか写りとかは後日書くとして、
小三元 L レンズ買ったぞ~~!!」
って、喜びの声でした!!(笑)